ツアー名

【クラシック&モダン】インド建築美術堪能の旅10日間(関空発エアインディア利用)【45日前までの予約がお得!】

☆★中世の遺跡からコルビジェ建築まで…インドのアートに浸る旅★☆[学割あり!]

【コースコード】2-FR-10-AIOSA
  • 出発地 / 関西国際空港
  • 旅行代金 / 288,000円〜333,000円
  • 旅行日数 / 8泊10日
  • 観光地 / 【北】チャンディガル(近代都市), 【北】アグラ(タージマハール), 【西】アーメダバード(遺跡), 【北】デリー(近代都市), 【西】ムンバイ/ボンベイ(近代都市),
おすすめポイント

(^^)b建築、遺跡、芸術に興味がある方におすすめ☆
(^^)b『クラッシックなインド』と『モダンなインド』。どちらも新鮮で魅力的です♪

【ツアー概要】
インド観光といえば“数千年の歴史をもつ遺跡”が人気ですが、もうひとつ、“近代建築と都市計画”においても世界的に有名です。その町の名は「チャンディガル」。1947年に分離独立したパキスタンに対抗して、スイス人建築家ル・コルビジェのデザインにより“丸ごと新たに”創られた町は、まさにすべてがアートです。コルビジェ建築は世界各地で見られますが、ここまで大規模なものは他に類をみないので、建築に携わる方や学ぶ方は一度は訪れてみたい場所ではないでしょうか。さらに、アーメダバードでもコルビジェ設計の「繊維会館」や「サンスカル・ケンドラ美術館」も見学します。【モダン】なコルビジェ建築の次は、【クラッシック】建築もお楽しみいただきます。巨大で繊細な「階段井戸」、ヒンドゥー教チャンパネール王国の遺跡に残る「インドとイスラムの建築様式が融合したモスク」、そしてイスラム建築の最高峰「タージマハール」へ。また仏像美術において“ガンダーラ美術”とならび歴史的に価値のある「マトゥラー美術」も堪能します。各方面の世界最高峰の建築物を新旧さまざまに楽しめる、刺激と発見が詰まった旅です。

★ご希望により、キャリコ博物館やマハトマガンディーゆかりのサバルマティ・アシュラムの観光も追加できます。

★2016年7月、チャンディガル「キャピタル・コンプレックス」が、東京の上野公園内「国立西洋美術館」などとともに、『近代建築の巨匠ル・コルビュジエの建築作品』として世界遺産に登録されました。

【旅の季節】
●気候を重視するなら日本の春秋のように最も過ごしやすい10月、11月、2月、3月がおすすめです。
●12月~1月は北インドの冬です。日本より寒さはマイルドですが、年末年始の旅には防寒準備を。
●旅費を低く抑えるには4~9月の旅へ。オフシーズンの割引率が高いデラックスホテル利用がお得です。
●8月のお盆・夏休み旅行には傘のご準備を。時折降るスコールの後は気温が下がり過ごし易くなります。
●GWの時期、北インドは高温で低湿度の夏。日傘や帽子で日よけ対策をすれば快適に過ごせます
旅行条件
最少催行人数2人 添乗員同行しません
お食事回数朝食8回 ・ 昼食8回 ・ 夕食7回 現地係員あり
備考 ■(火)(木)発ツアーは往復共に乗換えなしの関空発着便を利用しますが、(土)発ツアーは復路のみ東京経由となり、羽田~成田間の地上移動が必要です。(リムジンバスの手配や費用は含みません。)

■インド到着後~出発までを日本語を話すインド人のエスコートが随行し観光地をご案内します。

■ご宿泊は主に中級クラスのホテルをご利用いただきます。※ホテルの指定はお受けできません。

■インド渡航にはビザ(入国査証)が必要です。大阪・東京のビザアプリケーションセンターでの申請は、取得まで4日~2週間かかりますので時間に十分なゆとりを持ってお手続きください。※取得手続きの代行も承ります(有料)。なお2016年3月1日より、日本国籍をお持ちの方に限り、デリー空港到着時のアライバルビザ(シングル)取得が可能となりましたが、このコースではご利用いただけません。(チャンディガール/キャピタル・コンプレックスの入場許可書取得のために、事前にビザ情報が必要となるため)

■日程表記載の予定ホテルが満室等の場合、同等グレードのホテルをお手配いたします。( )内は当社独自のグレード基準です。高い順からL→S→A→B→Cと分類しています。
 【利用ホテル名・ホテルグレード一覧はこちら】
ツアー日程
日程 地名 時刻 交通 スケジュール
1

関西国際空港

デリー空港


13:25

21:30


AI 315
飛行機出発2時間前、空港へご集合ください。

エアインディア315便にて、香港経由デリーへ。
※香港にて約1時間の機内待機。
到着後、現地係員とミーティング。
専用車にてホテルへ。

お食事

昼:機 夕:機

宿泊地

デリー泊【リージェンド・グランド(A)等】

2 デリー駅
チャンディーガル駅

午前
列車
急行列車にて、チャンディーガルへ。
近代建築の巨匠ル・コルビジェの建築作品を観光。
【入場】◎高等裁判所
【下車】○立法議会議事堂{世界遺産}
    ○影の塔 ○開いた手 ○行政庁舎

チャンディーガル市内観光。
【入場】◎チャンディーガル美術館
    ◎ローズガーデン

お食事

朝:○ 昼:○ 夕:○

宿泊地

チャンディーガル泊【サンビーム、オムテル等】

3


チャンディーガル空港
ムンバイ空港



夕刻
または




国内線
出発まで、チャンディーガル市内観光。
【入場】◎ネック・チャンド彫刻庭園 等

空路、ムンバイへ。

お食事

朝:○ 昼:○ 夕:○

宿泊地

ムンバイ泊【スバ・ギャラクシー(A)等】

4









ムンバイ空港
アーメダバード空港










夕刻
または











国内線
午前、乗合船にてムンバイ沖10Kmのエレファンタ島へ。
◎エレファンタ島石窟{世界遺産}を入場観光。
※悪天候により船が欠航した場合、またはその可能性があるときは観光を中止し、博物館観光とさせていただきます。

午後、ムンバイ市内観光。
【下車】○ジョージ五世の訪問記念のインド門
【車窓】●沈黙の塔
    ●ムンバイCST駅{世界遺産}
    ●マリーンドライブ

空路、アーメダバードへ。

お食事

朝:○ 昼:○ 夕:○

宿泊地

アーメダバード泊【カントリー・イン(A)等】

5 アーメダバード


モデラー




パタン


アーメダバード
午前










夕刻
専用車
陸路にてモデラーへ。(約2.5時間)
途中、◎1499年にルージュハー王妃によって建設された8角形5層構造の アダラージ階段井戸を入場観光。

到着後、モデラー観光。
【入場】◎1026年ビムデフ1世建造 太陽寺院
    ◎階段井戸 スーリヤ・クンド
☆昼食はお弁当です。

陸路にてパタンへ。(約1時間)
◎ラーニー・キ・バブ(女王の階段井戸){世界遺産}を入場観光。

陸路にて、再びアーメダバードへ。

お食事

朝:○ 昼:○ 夕:○

宿泊地

アーメダバード泊【同前日】

6 アーメダバード
終日
アーメダバード市内観光。
【入場】◎ダーダー・ハリ階段井戸
    ◎ジャマー・マスジット
    ◎スィディ・バシール・モスク
    ◎シュレーヤス博物館
【下車】○スィディ・サイヤド・モスク
    ○繊維会館(コルビジェ設計)
    ○サンスカル・ケンドラ美術館(コルビジェ設計)

★ご希望により、キャリコ博物館(※)やマハトマ・ガンディーゆかりのサバルマティ・アシュラムの観光へ変更・追加できます。
(※個人所有のため、所有者の都合によりご見学いただけない場合もあります。また館内でのご説明は英語となります。)

お食事

朝:○ 昼:○ 夕:○

宿泊地

アーメダバード泊【同前日】

7 アーメダバード

チャンパネール







バドダラ空港
デリー空港


昼頃







夕刻
専用車









国内線
陸路にて、チャンパネールへ(所要約4時間) 
※ご昼食はお弁当です
◎チャンパネール・パーヴァガドゥ遺跡公園{世界遺産}を観光。
【入場】◎ジャミ・マスジット
    ◎ケヴダ・マスジット
    ◎ナギーナ・マスジット
    ◎パーヴァガドウ丘上カーリーカ・マーター寺院
     ※頂上までケーブルカーで上ります。

午後、バドダラ空港へ。(所要約1.5時間)
空路、デリーへ。

お食事

朝:○ 昼:○ 夕:○

宿泊地

デリー泊【リージェンド・グランド(A)等】

8 デリー
マトゥラー


アグラ
午前



夕刻
専用車
陸路にて、アグラへ。(所要約3.5時間)
途中、マトゥラー市内観光。
【入場】◎考古学博物館
【下車】○クリシュナ・ジャンマブーミー
    ○ヴィシュラムガート 等

お食事

朝:○ 昼:○ 夕:○

宿泊地

アグラ泊【JPパレス(S)等】

9



アグラ

(土)日本発:
デリー空港
------
(火/木)日本発:
デリー空港




午後


21:15
------

23:15




専用車


AI 306
------

AI 314
アグラ市内観光。
【入場】◎白亜の霊廟 タージマハール{世界遺産}
    ◎ムガル帝国の居城 アグラ城{世界遺産}

午後、陸路にてデリー空港へ。(所要約3.5時間)

(土)日本発:
エアインディア306便にて成田空港へ。
----------------------------------------
(火/木)日本発:
エアインディア314便にて香港経由 関西空港へ。
※現地係員によるご案内は空港入口手前で終了します。
※搭乗手続きはお客様ご自身で行ってください。

お食事

朝:○ 昼:○ 夕:機

宿泊地

機中泊

10 (土)日本発:
成田空港
羽田空港
大阪
------
(火/木)日本発:
関西国際空港
 
08:45
昼ごろ
午後
------

12:05
 
 
JL/NH

------
(土)日本発:
朝の到着後、ご自身で羽田空港へお越しください。
日本航空または全日空にて伊丹空港または関西空港へ。 
午後、帰着。
----------------------------------------
(火/木)日本発:
午後、帰着。

お食事

朝:機

宿泊地

備考 ■日程表中のマーク ◎=入場観光 ○=下車観光 ●=車窓観光 

■お食事のマーク ○=あり ×=なし 機=機内食

■時間帯目安 早朝:4時~/朝:7時~/午前:9時~/昼:12時~/午後:13時~/夕刻:17時~/夜:20時~/深夜:23時~

■食事はインド料理か中華料理です。 ホテル内レストランは主にブッフェ形式です。

■専用車での都市間移動は、標準的な所要時間を記載していますが、交通状況その他の理由により、到着が遅れる場合もあります。

■ツアー中、お手洗い休憩を兼ね、現地特産品のお土産店へご案内させていただきます。

■現地諸事情により、やむを得ず日程が変更になることがありますので、予めご了承ください。
カレンダー

2018年12月

日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
備考 カレンダー内の料金は2名1室利用時の大人1人当りの旅行代金です。

★出発日の45日前までにお電話・WEB・メール等でご予約され、期限内にご入金いただいた場合に旅行代金より5,000円を割引きます。

★29歳以下の学生の方を対象に学割(旅行代金より一律10,000円割引)の設定があります。必ず旅行申込時にお知らせいただき、学生証のコピーをご提出ください。(お申し出や学生証のご提出がない場合は適用できません。また学割用の席が満席の場合はご利用いただけませんので、お早めにご予約ください。)

■羽田~成田間の移動が必要な場合の交通費はお客様ご負担となります。(ご参考:リムジンバス/大人片道3,100円)

■国際線ビジネスクラス利用追加代金:4/1~9/26日本発:往復=130,000円/片道=70,000円 9/27~3/31日本発:往復=140,000円/片道=80,000円 ※国内線はエコノミークラスとなります。※座席数が少なく、お席を確保できない場合もあります。(空席状況はご予約時にお知らせします)

■ビザ申請代行料[印紙代1,550円+通常手数料6,450円]、海外旅行保険料は任意です。

■一部観光地では、カメラ・ビデオカメラの持ち込み料が必要です。現地払いをお願いします。

■昼・夕食時の飲み物代は、旅行代金に含みません。現地払いをお願いします。(ご参考:現地産ビール大瓶1本あたり約500円~)

■ホテルのスタッフ・ウェイター・現地係員・ドライバーへのチップは旅行代金に含みません。欧米のように強制ではありませんが、質の良いサービスを受けた場合に渡すのが習慣です。おこづかい、飲み物代などの他に、チップも旅のご予算としてお考えください。

■クリスマス(12/24,25)や大晦日(12/31)に宿泊する際、「ガラディナー代」が旅行代金の他に別途必要です。 お一人様 1泊あたり3,000~7,000ルピー(約6,000~14,000円)の追加となりますが、金額はホテルによって異なるため、手配確定後にご案内申し上げます。※国によってはホテル主宰の特別なディナーやショーが催される場合がありますが、インドでは通常通りの夕食メニューとなりますのでご了承ください。

■旅行代金の他、空港税・燃油サーチャージが別途必要です。
 【燃油サーチャージ・空港税一覧はこちら】
ご案内・注意事項
ご案内 ■チャンディガルの行政庁舎と議事堂は入場許可証が必要で、取得には3週間程度を要します。お早めにお申込みください。

注意事項 ■北部インドでは、冬期(特に12月~1月)の濃霧発生のため交通機関の運行が大幅に乱れ日程に影響が生じる場合があります。

■北部・東部インドでは、夏期(特に7月~8月)の豪雨のため交通機関の運行が大幅に乱れ日程に影響が生じる場合があります。

■詳しい旅行条件を事前にご確認の上、お申込ください。
 【海外募集型企画旅行 ご旅行条件はこちら(PDF)】

ご予約・お問合せ

アショカツアーズ 大阪 (株式会社ビーエス観光)

大阪市西区江戸堀1-2-11大同生命南館
電話番号 06-6444-2225 FAX 06-6444-2230
フリーダイヤル 0120-1029-34
メールアドレス osaka@ashoka.co.jp
営業時間
月曜 - 金曜 09:30~18:00
*** お電話でご予約承ります ***
休日
土曜・日曜・祝日
旅行業務
取扱管理者
福田 宅光
備考
旅行企画・実施 株式会社ビーエス観光 アショカツアーズ