ツアー名

【平成30年2月27日発】第27回インド仏蹟巡礼の旅 (JAL直行便利用)

~ 駒沢大学名誉教授 皆川廣義先生といく 釈尊七大聖地を訪ねて 9日間 ~

【コースコード】MINAGAWA-SPCL-JL
  • 出発地 / 成田空港
  • 旅行代金 / 368,000円〜368,000円
  • 旅行日数 / 7泊9日
  • 観光地 / 【北】バイシャリ(仏跡), 【北】デリー(近代都市), 【ネパール】ルンビニ(仏跡), 【北】ブッダガヤ(仏跡), 【北】ベナレス(ガンジス河), 【北】パトナ(仏跡), 【北】バルランプール(仏跡), 【北】サルナート(仏跡), 【北】クシナガール(仏跡), 【北】ラージギル(仏跡),
おすすめポイント

仏教発祥の地インドを、皆川先生に釈尊の生涯と教えのお話を聞きながら巡る9日間の旅。
是非ご参加お待ちいたしております。
 
私たち仏教徒にとって、教主・釈尊の聖地を巡礼し、その生涯と教えを学ぶことによって信心を確立し、悟りと安心を得ることは、今世における最大の願いであります。 
この度、釈尊の全ての聖地、
 出家求道されたラージャガハ
 悟りを開かれたブッダガヤ
 初めての説法の地サルナート
 入滅の地クシナガラ
 生誕の地ルンビニ
 祇園精舎のサヘト・マヘト
 バイシャリ    
それにナーランダ大学跡を巡礼いたします。
釈尊の聖地は、それぞれ豊かな自然の中にあります。そこで、釈尊の生涯と教えを偲びながら、心より法要を減修いたします。
また、デリー、ベナレスの各都市では、ヒンドゥー教の寺院、城、博物館を見学し、豊かなインド精神文化を学びたいと思います。
この度のインド仏蹟巡礼は、皆さんに真実の自己の発見と生きがいを与えてくれることでしょう。 皆川廣義
旅行条件
最少催行人数15人 添乗員同行します
お食事回数朝食7回 ・ 昼食7回 ・ 夕食7回 現地係員あり
備考 ■15名様以上のご参加催行で成田空港から添乗員が同行します。 
■インド・ネパール(ルンビニ)渡航には、ビザ(入国査証)の事前取得が必要です。
 原則、日本出発前に申請手続きを行い、受領まで2~4週間かかります。
 ご自身で取得される場合は、時間に十分なゆとりを持ってお手続きください。
 ※取得手続きの代行も承ります(有料)
 ※出発前の手続きがどうしても間に合わない場合は、現地取得(英語対応)となります。
 
■日本国内線につきまして。日本航空が就航している路線の日本国内線(例:大阪⇔東京 etc.)の
 割引手配が可能です。遠方の方も是非ご参加下さい。

■ビジネスクラスご利用希望の方はお問合せ下さい。
 尚、ビジネスクラスのご利用は、日本発着国際線のみです。国内線はエコノミークラスとなります。
 
■日程表記載の予定ホテルが満室等の場合、同等グレードのホテルをお手配いたします。
 ( )内は当社独自のグレード基準です。高い順からL→S→A→B→Cと分類しています。
 【利用ホテル名・ホテルグレード一覧はこちら】
ツアー日程
日程 地名 時刻 交通 スケジュール
1 2018年
2月27日(火)発
成田空港
デリー空港


11:30
18:20


JL749
飛行機出発約2時間前、成田空港第2ターミナルご集合。
 
JAL749便にてデリーへ。
到着後、現地係員とミーティング。
専用車にてホテルへ。
 
※日本航空国内線(伊丹・札幌・名古屋・福岡⇔成田)ご利用希望の場合、お安く手配が可能です。お問合せ下さい。

お食事

昼:機 夕:○

宿泊地

デリー泊【予定ホテル:ザ・グランド】

2 デリー空港

ベナレス空港
サルナート
午前

午前
国内線

専用車
国内線にて、ベナレスへ。

到着後、釈迦初説法(初転法輪)の地サルナート参拝。
【入場】◎野生司香雪の壁画 ムラガンダクーティ寺院
    ◎初転法輪像を収蔵 サルナート博物館
【下車】○サルナート大塔  ○アショカ王柱
    ○ダメークの塔

お食事

朝:○ 昼:○ 夕:○

宿泊地

ベナレス泊【予定ホテル:ラマダ】

3 ベナレス



ブッダガヤ




ラジギール
早朝
午前


午後




夕刻
専用車
○ガンジス河の沐浴風景を小船に乗り観光。マニカルニカガート(火葬場)付近で下船し、ビシュワナート寺院(黄金寺院)へ続く迷路のような巡礼道を歩きます。

観光後、専用車にてブッダガヤへ。(所要約6時間)
到着後、お釈迦様悟りの地 ブッダガヤを参拝。
【入場】◎ブダガヤ大塔{世界遺産}
【下車】○金剛宝座、○尼蓮禅河、スジャータ村大塔
 
その後、ラジギールへ(所要約2.5時間)

お食事

朝:○ 昼:○ 夕:○

宿泊地

ラジギール泊【予定ホテル:法華】

4  
 
 
 
 
ラジギール
 
ナーランダ
バイシャリ
ケサリア
 
クシナガラ
早朝
 
 
 
 
午前

午後
  
 
 

専用車
マガダ国の首都ラジギール参拝。
【下車】○霊鷲山頂
    ○竹林精舎
    ○新王舎城跡
  
観光後、専用車にてクシナガラへ。

途中、
◎玄奘三蔵西域の目的地ナーランダ仏教大学を観光。
◎猿王奉蜜の地、バイシャリ参拝。
◎インド最大のストゥーパ、ケサリア大塔参拝。
到着後、ホテルへ

お食事

朝:○ 昼:○ 夕:○

宿泊地

クシナガラ泊【予定ホテル:ロイヤルレジデンシー】

5  
 
 
 
クシナガラ
ルンビニ
午前



午後
夕刻




専用車
お釈迦様涅槃の地 クシナガラ参拝。
【入場】◎涅槃堂
【下車】○ラマバル塚
 
ネパール領ルンビニへ。(所要約5時間)
※陸路で国境を越えます。
 
釈尊生誕の地、ルンビニ参拝。
【入場】◎マヤ堂 ◎アショカ王柱

お食事

朝:○ 昼:○ 夕:○

宿泊地

ルンビニ泊【予定ホテル笠井】

6 ルンビニ
ピプラワ
バルランプール
(祇園精舎)
午前
  
午後
専用車
専用車にて、インド領バルランプール(祇園精舎)へ。
途中、◎ピプラワを参拝します。
※再び陸路で国境を越えます。

お食事

朝:○ 昼:○ 夕:○

宿泊地

バルランプール泊【予定ホテル:パワンパレス】

7  
  
 
 
バルランプール
(祇園精舎)
ラクノー
午前
 
 
 
午後
 
夕刻
専用車
祇園精舎とコーサラ国の都・舎衛城跡参拝。
【入場】◎祇園精舎(サヘト)・舎衛城(マヘト)
【下車】日本から寄付された○「祇園精舎の鐘」鐘楼
 
専用車にて、ラクノーへ。(所要約5時間)
 
到着後、ホテルへ

お食事

朝:○ 昼:○ 夕:○

宿泊地

ラクノー泊【予定ホテル:タージ・ラクノー】

8 ラクノー
 
デリー



デリー空港
午前
  
午後
 
 
夕刻
20:20
国内線

専用車
 
 

JL740
インド国内線にて、デリーへ

昼食後、出発までデリー市内観光
【入場】◎国立博物館・釈迦仏舎利参拝 等
 
夕刻、空港へ。
JAL740便にて成田空港へ。

お食事

朝:○ 昼:○ 夕:機

宿泊地

機中泊

9 成田空港
07:10
到着後、入国審査、その後解散。

お食事

朝:機

宿泊地

備考 ■日程表中のマーク ◎=入場観光 ○=下車観光 ●=車窓観光 

■お食事のマーク ○=あり ×=なし 機=機内食

■時間帯目安 早朝:4時~/朝:7時~/午前:9時~/昼:12時~
          午後:13時~/夕刻:17時~/夜:20時~/深夜:23時~

■食事はインド料理か中華料理です。 ホテル内レストランは主にブッフェ形式です。

■専用車での都市間移動は、標準的な所要時間を記載していますが、交通状況
 その他の理由により、到着が遅れる場合もあります。

■ツアー中、お手洗い休憩を兼ね、現地特産品のお土産店へご案内させていただきます。

■現地諸事情により、やむを得ず日程が変更になることがありますので、予めご了承ください。

※釈尊降誕の地ルンビニは、ネパール領になるため、5、6日目に陸路で国境越えを行います。
カレンダー

2018年2月

日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
368,000円
28
1
2
3
備考 カレンダー内の料金は2名1室利用時の大人1人当りの旅行代金です。
■ビザ申請代行料(印紙代+手数料)、海外旅行保険料は、任意です。

■一部観光地では、カメラ・ビデオカメラの持ち込み料が必要です。 現地払いをお願いします。

■昼・夕食時の飲み物代は、旅行代金に含みません。 現地払いをお願いします。
 (ご参考:現地産ビール大瓶1本あたり 約500円~)

■レストランのウェイター・ホテルのメイド・現地係員やドライバーへのチップは旅行代金に含みません。欧米のように強制ではありませんが、質の良いサービスを受けた場合に渡すのが習慣です。
 (ご参考:1~2名様1日あたり 約3,000円~/金額はあくまでもお気持ちによります)

■旅行代金の他、空港税・燃油サーチャージが別途必要です。
 【燃油サーチャージ・空港税一覧はこちら】
ご案内・注意事項
ご案内
注意事項 ■北部インドでは、冬期(特に12月~1月)、濃霧発生のため交通機関の運行が大幅に乱れ、
 日程に影響が生じる場合があります。

■北部・東部インドでは、夏期(特に7月~8月)、豪雨のため交通機関の運行が大幅に乱れ、
 日程に影響が生じる場合があります。
ご予約・お問合せ

アショカツアーズ 東京 (株式会社ビーエス観光)

東京都港区新橋3-2-7 恭和ビル2階
電話番号 03-3502-4022 FAX 03-3502-5416
フリーダイヤル 0120-4022-15
メールアドレス tokyo@ashoka.co.jp
営業時間
月曜 - 金曜 09:30~18:00
*** お電話でご予約承ります ***
休日
土曜・日曜・祝日
旅行業務
取扱管理者
水野 剛
備考
旅行企画・実施 株式会社ビーエス観光 アショカツアーズ